HOME > ジュニアゴルファー育成活動 > ジュニアゴルファー検定制度

JGRA ジュニアゴルファー検定制度 案内

日本で唯一の公式ジュニアゴルファー検定制度

JGRA では、JGA、PGA、LPGA、JGTO 等のゴルフ10 団体により結成されたNPO 法人日本ジュニアゴルファー育成協議会(JGC)の要請により、ジュニアゴルファーの検定制度の構築を図っていましたが、平成17 年にJGCから公式にこの制度を公認するとの決定が下され、ここに、ゴルフ10 団体により結成されたJGC により公認された、日本で唯一のジュニア検定制度が誕生しました。
なお、この制度はJGC 構成団体であるJGRA が主管となり、JGRA 加盟練習場において実施しております。

制度の理念

検定制度をとおして
  1. ゴルフを通して生きる力を備えたゴルファーの育成を目指しています。検定制度を取り入れることにより、実技の向上だけでなく、JGC の活動理念に即し、生きる力と価値観をそなえたゴルファーを育成していきます。
  2. 三世代が一緒にプレーすることがあたりまえとなるプレースタイルを提案します。級制度が普及することによりゴルフコースを プレーするうえでの受け入れ基準となりますので、今後三世代によるゴルフの普及を目指していきます。
  3. トーナメント会場で検定制度を実施することにより、子供達の夢、希望を育てていきます。憧れのプロゴルファーに直接触れ合 うことやプロがプレーする同じ日に同じ場所でプレーをすることにより子供達に大きな夢、希望を提供していきます。

ジュニアゴルファー検定制度とは

ゴルフを通してライフスキルを備えたゴルファーの育成を 「検定制度、単なる級制度だろう!」 こんなお言葉を頂戴する事が多いのですが、この制度は、実技だけの検定制度とは違います。
JGCの活動理念に即し、ゴルフとの出会いから、生きる力と価値観を備えたゴルファーとなるまでの、新しいジュニアゴルファーの世界を創造する事を目標に構築されました。
実技と相関するペーパーテスト、このテストも落とすためのテストではありません、各練習場でテストを通してゴルフのルール、マナーを学んでもらう為のツールなのです。
テストの内容が解っているだけじゃだめ、実技試験の際に、解っていることが、実際のプレーの際に出来ているのか、プレー専用の検定シートにより検定します。